【医療を通じて社会に貢献】
 を社是に、弊社を生かして
 頂いている皆様方に尽くさ
 せて頂きます

代表取締役社長
石川 和幸

平素は格別のお引立てを賜り心より御礼申し上げます。
弊社は、1964年スウェーデン企業より独立、創立致しました。後れること1年、1965年「脳神経外科(脳、脊椎及び末梢神経に関する外科)」が正式な診療科として認可されました。
弊社はこの診療科と共に歩み育てられてまいりました。1968年から1972年にかけて、弊社の礎となった複数の製品を欧米より輸入紹介致しました。全て本邦で初めての画期的な製品でした。
特に、1968年Prof.Mahmut Gazi Yasargil(スイス)によって開発された、Micro Neuro Surgery用手術製品を本邦で初めて輸入紹介致しました。我国における手術用顕微鏡を使用しての「脳卒中の外科」の発展に貢献できたのではないかと思います。
この間の手術器具類・装置類・ディスポ品類・他を医療技術の驚異的な進歩によって、日本人の、日本人による、日本人のための製品開発・改良を国内外で行う比重が一段と高くなってまいりました。
今後この傾向を加速させていくのが弊社の使命と肝に銘じております。
皆様方の絶大なご支援の御蔭で、強固な企業体質(無借金経営・驚異的な自己資本比率)を構築することができました。心より深謝申し上げます。
現在、企業の在り方が大きく問われています。法令順守のISO-13485,2003(2005年取得)の根本理念の実現、弊社を生かして頂いている皆様方に尽くす事、品質は企業の生命力である事等々を肝に銘じ微力ながら粉骨砕身努力していく所存です。
何分のご支援を賜れますよう、伏してお願い申し上げます。

ページの先頭へ